サンタクロースになるはずがじゃんけんに負けてトナカイに仮装しました!

3年ほど前に大学のボランティア団体に所属していた時に、幼稚園のクリスマスパーティに呼ばれて手伝いに行きました。パーティの準備やクリスマスカードの作成、プレゼントの配布が主な仕事でケーキ等は食べ物は園児の親御さんや幼稚園の先生方がやるという内容でした。ほとんどが飾り付けと本番にやる子供たちの合唱をサポートするというものだったのですが、それだけではつまらないとボランティアのリーダーが言いだし、サンタの仮装をすることになりました。
最初はサンタに数人を仮装させれば良いだろうという話だったのですが、仮装の衣装をドンキホーテに調達しに行った人たちが、衣装のレパートリーの多さに興奮して、サンタ以外にも買ってきてしまいました。トナカイはもちろん痩せ細った雪だるまやなぜか熊や関係のないジバニャンやピカチュウまで買ってきました。衣装は1着3000円ほどでした。領収書はもろもろ含めて2万円ぐらいだった気がします。
演劇をするわけでもなく仮装してプレゼントを配るだけの簡単な作業なので、本番1週間前に誰がなんの仮装になるかというときには、正々堂々じゃんけんで決めることになりました。やるからにはサンタをやりたいと思っていた私は気合を入れてじゃんけんに臨んだのですが、あっけなく負けてトナカイに割り当てられました。それでもクリスマスにアニメやゲームのキャラクターに化けるよりは全然マシなほうだったのですが……
本番の12月24日に現地に行き、午前からパーティーが始まりました。仮装して現れた時には園児たちはとても喜んでくれたようで良かったですが、サンタやトナカイの他にピカチュウやジバニャンが混じっていたこともあって、サンタはあまり人気がありませんでした……トナカイはそこそこ人気があり子供たちがよく寄ってきました。しかしピカチュウ、ジバニャン担当の人たちは子供たちにもみくちゃにされて、それは大変そうでした。かくゆう私も園児が乗ったそりを引かされるという予定外の力仕事をしてとても疲れました。みんな楽しそうに笑ってくれたので結果的には良かったのですが。
これからクリスマスに幼い子供を喜ばすために仮装を考えている人たちは、人気があるからといって何も考えずに人気キャラクターに仮装すると痛い目を見ます。子供の喜ぶ顔が見れるなら、それ以上の物はないという方はぜひ従来のサンタやトナカイになるよりはピカチュウになったほうが子供は喜びます。そのかわり仮装する本人は容赦ない攻撃が加えさせられますのでご注意を……(笑)

コメントは受け付けていません。