ハロウィンで人気の仮装やコスプレ衣装、メイク。USJハロウィン情報

ハロウィンで仮装したい方向けに、いろいろなハロウィーンの仮装衣装・コスチュームをご紹介

- ハロウィーンの衣装や仮装の目次 -

 

ハロウィーンとは?ハロウィンの起源や由来

halloween(ハロウィン)という名前は、元々All-hallow-even(万聖節前夜)という言葉を略したもので、もともとは古代ケルト人のお祭りに起源があると言われています。

ケルト人にとって11月1日が新しい年の始めであり、ハロウィンが開催される10月31日は日本で言うと大晦日のようなものです。

10月31日に行われるハロウィンは秋の収穫を祝うと同時に、悪霊や魔女を追い払うための行事でした。魔除けの焚火をたき、仮面をかぶって悪霊たちを追い払うというしきたりがあったらしく、その行事が変化していったものです。

行事としての意味合いは日本のお盆に近く、死者の霊などが訪ねてくるため身を守る目的で仮装が行われていたのです。

現在ではおなじみのシンボルとなったカボチャのジャック・オー・ランタンが登場したり、仮装した子供がお菓子を求めて家を訪ね歩くようになったのは、アメリカなどに民俗行事として定着してからのことです。

 

ハロウィンでどんな仮装をする?定番・人気のコスプレ衣装は?

ハロウィンの衣装や仮装にはっきりと決まったルールはないのですが、伝統的に幽霊、魔女、悪魔、黒猫、ゾンビ、モンター、コウモリ、ドラキュラ、狼男、フランケンシュタインなど海外のモンスターに仮装する方が多いようですね。

日本のハロウィーンで人気の仮装は、大人の女性であれば魔女や猫などハロウィンに因んだものから、ディズニーのプリンセスや、チャイナ服、バニーガールメイドなどハロウィンに直接関係ない服装も人気があります。

本来のハロウィンの意味を知っている人は現代では少ないかもしれませんが、どんな仮装をしようか考えている時間も楽しいものです。気の置けない友人や家族と、今年もハロウィンを楽しみましょう。

 

ハロウィンの衣装は、どこで手に入れる?

ハロウィンの衣装は、近くのスーパーや、ダイソー・セリアなどの100均のお店でも購入できます。

ただ、100均だと大きな衣装は難しいので、手作りやその辺のものをかき集めて仮装することになるかと思います。ドンキホーテや、東急ハンズなどのバラエティショップでも購入できるかと思います。

近所のお店でハロウィーン用の衣装を購入すると、他の人と被ることも多くなるかと思いますので、少し変わった仮装や、コスプレ衣装を購入するのであれば、ネットショップを利用するのがおすすめです。

本格的にコスプレする際には、必要なものが揃っており、あちこち売り場やお店を巡らなくても一括で必要な衣装やアイテムを購入できますので、おすすめです。

ハロウィンの衣装で有名なのは、本場アメリカのコスプレ衣装を通販で販売されているアメリカン・コスチュームさん。

2015年のハロウィンで人気になりそうなスターウォーズや、2014年大人気だったアナと雪の女王の衣装など、豊富なコスチュームが揃っています。

ハロウィンの衣装、ハロウィンのコスプレ衣装なら、種類が豊富なアメリカン・コスチューム

 

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)のハロウィン

「USJのハロウィンは凄い!」と評判になったユニバーサルスタジオジャパンのハロウィン「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」。

ハロウィン・ホラーナイトでは、USJのクルーによるゾンビだけでなく、一般客の仮装やコスプレも怖いともっぱらの噂です。

「ホラーナイト」は、大人が楽しむ(?)ハロウィンですが、それ以外は子供達も楽しめる「パレード・デ・カーニバル」もありますので、お子様連れの方は、ホラーナイトを避けて、USJを仮装や、いろいろな衣装で楽しまれると良いと思います。

2015/02/09現在、2015年のUSJのハロウィンの情報の発表は、まだありません。

2014年のUSJハロウィーン、開催は、9月12日(金)~11月9日(日)

2014年の『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン』は、2014年9月12日(金)~2014年11月9日(日)に開催されます。

期間中に行われるハロウィンの目玉は、『ハロウィーン・ホラー・ナイト』、『パレード・デ・カーニバル』。

『ハロウィーン・ホラー・ナイト』は、期間中の金・土・日・月・祝の18時からパーククローズまで開催され、様々な恐怖アトラクションを楽しめます。

エンターテイナーたちがカラフルなビーズネックレスを沿道のゲストに向かって投げ入れてプレゼントする『パレード・デ・カーニバル』は、ホラー・ナイト開催日は14:30、非開催日は15:30開始で開催されます。

 

『ハロウィーン・ホラー・ナイト』

『ハロウィーン・ホラー・ナイト』は、ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン期間中の毎週金曜日、土曜日、日曜日、月曜日、祝日)の18時より開催され、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」と「ユニバーサル・ワンダーランド」を除く全てのエリアで実施されます。

2014年のUSJのハロウィンでは、「ありえない恐怖の連続」ということで、2つのアトラクションが新設され、5つのアトラクションがハロウィーン・ホラーバージョンになっています。

最恐ホラーレベル4の恐怖の舘『チャッキーのホラー・ファクトリー』、日本国民が選ぶ最も怖い映画シリーズで堂々第1位を記録した映画「呪怨」の最新作「呪怨・終わりの始まり。」をベースにした新ホラー・アトラクション『呪怨~呪われたアトラクション~』が新登場。

さらに、既存のアトラクション『バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド』、『ジュラシック・パーク・ザ・ライド』が呪怨ホラーバージョンに変わります。

去年初登場しチケット完売の盛況に湧いた、恐怖と食事を融合させた新しいホラー・アトラクション『ダークレストラン~恐怖の晩餐会~』もパワーあぷして再登場。

ハリウッドをも震撼させた映画「貞子」が、パークの人気3アトラクション(スペース・ファンタジー・ザ・ライド、ターミネーター 2:3-D、バックドラフト)やレストラン(ハピネス・カフェ)を呪い、『貞子~呪われたアトラクション~』『貞子~呪われたレストラン~』として、ゲストをパニックへと引きずり込みます。

2012年の登場以来、多くのゲストがその恐怖の虜になったアトラクション『ジェイソンのブラッド・ダイナー』もバージョンアップして再登場します。

2014年8月8日(金)より好評開催中の『バイオハザード・ザ・リアル 2』も2014年11月9日(日)まで毎日終日開催し、ハロウィーン・ホラー・ナイト実施日以外も体験可能です。

 

『パレード・デ・カーニバル』

USJのハロウィーン期間中に開催される『パレード・デ・カーニバル』は、ユニバーサルワンダーランドのキャラクターを一度に見ることが出来るので、大人も子供も楽しめます。

パレードの開催は毎日ですが、時間はその日によって違うようですので、USJのスケジュールで事前に確認してください。

子供が喜ぶ『パレード・デ・カーニバル』の演出は、エンターテイナーたちがカラフルなビーズネックレスを沿道のゲストに向かって投げ入れてプレゼントするアメリカの伝統的な「マルディグラ」。

ビーズが受け取りやすいように、。小学生以下のお子様用に「キッズ・エリア」が設置されてますので、そちらで待っていれば、ビーズをゲットしやすくなると思います。

「キッズ・エリア」は、早めに行かないと満員で入れない、ということもあるそうなので注意してください。

ただ、ビーズをキャッチできなかった子供のために、ビーズをお子様1人につき1本もらえる『ビーズ・フォア・キッズ・スポット』(Stage 18)もあるので、ビーズをキャッチできなくても、がっかりせずに『ビーズ・フォア・キッズ・スポット』に行ってみてください。

2014年からは、乳児(というかベビーカーの家族)も安心して見れる「乳幼児専用パレード鑑賞エリア」も設置されました。

『パレード・デ・カーニバル』の際には、『スカウト・デ・カーニバル』というアトラクションがあり、そちらで出演権を獲得するとパレードに参加できます。

『スカウト・デ・カーニバル』は、ニューヨーク・エリアのグラマシーパークで開催されてますので、仮装やコスプレをしたお子さんなどは、パレード参加権に挑戦してみては如何でしょうか?

 

『トリック・オア・トリート』

ハロウィンといえば、「トリック・オア・トリート!(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!)」が有名。

ユニバーサルスタジオジャパンの「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」では、毎日10時~17時まで開催される小学生以下のお子様を対象にしたイベント『トリック・オア・トリート』があります。

USJ内のユニバーサル・ワンダーランドや、ハリウッド大通りなどパークワイドで、ハロウィーンの特別な衣装に身を包んだパークの仲間たちや、エンターテイナーに「トリック・オア・トリート!(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!)」の合言葉を元気よく叫ぶと、キャンディやラムネなど様々なお菓子をプレゼントしてくれるイベントです。

子供達にとっては、とても楽しいイベントです。

コメントは受け付けていません。